高速サーブレットコンテナ Jetty 9.0.1リリース – SPDYやWebSocketsをサポート

高速サーブレットコンテナ Jetty 9.0.1リリース – SPDYやWebSocketsをサポート#JVMood軽量、ハイパフォーマンスのサーブレットコンテナとして人気のJettyの最新版、Jetty9の正式版リリースからおよそ一ヶ月。Jetty9.0.1がリリースされました。
Eclipse Jetty Downloads
Maven Central Repositoryにもあります

バグを中心に59もの修正が施されています。

Jettyは軽量・高速なサーブレットエンジンで、その軽量さはアプリケーションに埋め込むこともできるほどです。Google App Engineが採用しているコンテナとしても有名。

Jetty9は次世代WebプロトコルであるSPDYにJavaベースで初めて対応したコンテナであるだけでなく、サーブレットAPI3.0、JSP2.1、Java7、Java8、WebSocket APIにも対応する意欲的なリリースです。

WebLogic ServerやJBoss、GlassFishといったJavaEEに完全準拠したアプリケーションサーバーが備えるようなリッチな管理画面などはありませんがシンプルでミニマルなコンテナとして人気を博しています。

なおJetty 9はJava7が必須。サーブレットAPI3.1に対応しないのはまだまだ仕様の確定に時間がかかりそうだからとのことです。

関連記事:
Jettyのダウンロードと起動 #jettyjp – #侍ズム
SPDYやWebSockets、Java8に対応するJetty9、RC2がリリース | #JVMood
Tomcat 7.0.37リリース | #JVMood
Jetty 9.0.0 RC0リリース – SPDYやWebSockets、Java8に対応 | #JVMood